f0228753_1856367.jpg震災から2ヶ月。朝陽が誕生してから2ヶ月。月日が経つのは早いです。

2ヶ月になると、表情も豊かになり、笑顔の回数も増えてきました。笑顔もかすかな声付きで、「えぅ〜」「あふぅ〜」と柔らかいトーンで反応して、少しづつ人間らしくなってきてます。

目に見える範囲は30cm離れたところ、ちょうど抱っこした時に、お母さんの顔が見える位置が30cmくらいなのだそうです。色は赤や黄色のはっきりとした現職に反応するそうです。朝陽も赤い絵や黄色のPOOHさんに反応し、青いイーオなどには反応しません。青は認識できないようです。また1ヶ月後は、さらにはっきりとしてくるんだろうと、とてもワクワクしています。
Copyright©2011Chiaki Tsukuda.All rights reserved.

[PR]
by cameraneco | 2011-05-20 19:20 | Life
f0228753_2032456.jpg震災後、余震が未だ続いていたので、入院中は通常だったら夜9時には新生児室へあずけることになるのに、24時間母子同室。いざという時にそれぞれが自分の子供を守るのだ。

病室は8階なのでよく揺れた。揺れる度に朝陽を抱える準備をしたり、これ以上、大きく揺れないでほしいと願ったりもした。

その瞬間、出産の際に体験した、体が引き裂かれるようなあのとてつもない痛みをよく思い出す。自分がもう一人の自分を生み出した傷でもあるから「何があってもこの子を守る」という思いが自然と出てくるのだ。親になってはじめて思うことだった。
Copyright©2011Chiaki Tsukuda.All rights reserved.

[PR]
by cameraneco | 2011-04-26 20:21 | Life
f0228753_21182539.jpg39週6日目 2011年3月19日3時39分
経膣分娩。分娩時間は5時間45分。

3月11日に起きた歴史上最悪の災害、東日本大震災が起こり、その余震の中、3010g長女、朝陽(あさひ)が元気な産声をあげて産まれました。

自分が子供を産むなんて信じられなかったし、産んだ後、数日間は実感が感じられないほど不思議な感じで、生命が体内で育ち、この世界に産まれる神秘的な体験に深く感動してました。

”あさひ”という名前は、産まれる前から決めていて、家の玄関から毎朝出る朝日のようにエネルギッシュで楽しく元気な子に育ってほしいという願いからです。
Copyright©2011Chiaki Tsukuda.All rights reserved.

[PR]
by cameraneco | 2011-04-24 21:46 | Life