誕生

f0228753_21182539.jpg39週6日目 2011年3月19日3時39分
経膣分娩。分娩時間は5時間45分。

3月11日に起きた歴史上最悪の災害、東日本大震災が起こり、その余震の中、3010g長女、朝陽(あさひ)が元気な産声をあげて産まれました。

自分が子供を産むなんて信じられなかったし、産んだ後、数日間は実感が感じられないほど不思議な感じで、生命が体内で育ち、この世界に産まれる神秘的な体験に深く感動してました。

”あさひ”という名前は、産まれる前から決めていて、家の玄関から毎朝出る朝日のようにエネルギッシュで楽しく元気な子に育ってほしいという願いからです。
Copyright©2011Chiaki Tsukuda.All rights reserved.

[PR]
by cameraneco | 2011-04-24 21:46 | Life